一年ぶり - 泥沼日誌

2007年4月22日

一年ぶり

去年の春以来となる、北海道のエルズベルグへ行ってきました。一年ぶりなもので、入る道を一本間違えて遠回りしてしまいました。
目的地に到着したら...地形が変わってますね、おまけに橋が撤去されてる。しかも例の連中は誰もいない。入り口近くにいたTさんに『皆あっちにいますよ』と言われ、さらに進んでみると、妖しい白いライトバンの集団がいました。別の橋を渡ってコース入り口へ向かおうとしたところ、車がはまったそうです。ちょっと離れてるけどそこに車を止めて走行準備です。


今日は人数が多いです。エキスパートから初心者、トライアル国際A級から写真家まで、全道各地から色んなライダーが集まりました。
洗車もしてないマシンを降ろして、スプロケットの歯が飛びそうなのを無理やりチェーンを張り、気休めかも知れないけどチェーンオイルをたっぷり塗って、コースへ飛び出しました。

去年は楽勝で登れた沢が、洪水で崩れて岩盤が露出してました。初心者やレディースには辛そうなセクションです。とりあえず1周回ってみて奥の方はほとんど変わってないのを確認。2周目には、やっぱり岩盤登りでスタックしているライダーがいました。

助走をつければ簡単に登れそうな岩盤ですが、新車でマシンに慣れてなかったり、バイクを初めて間もない人には、恐怖の岩盤に見えるかも知れません。


こんな風に華麗に登れるようなって欲しくて、何度もトライするライダーの補助をずーっとやってました。一度登れれば感覚が分かると思うのですが、なかなかうまく行きません。
そんなこんなで、自分はほんの数周しただけですが、疲れました。でも、最初登れなかったライダーがだんだん上達していくのを見るのは、何かうれしいものですね。

この場所は、いつもの山が雪が解けて入れるようになるまでの春季キャンプ場みたいなもので、しばらくこっち方面には来ることはないかなと思い、帰宅途中にこんな物を買ってきました。



あづまジンギスカン、うまい。

5 件のコメント:

ninjya さんのコメント...

nagaseさん、昨日は無理行ってきていただいて本当にありがとうございました。
おかげで木古内向けのいい練習ができました。
といっても、あまりの走れなさに自分自身がっかりです。
もっともっと精進しなければなりません・・・
GASGAS3兄弟!頑張ります!!

nagase さんのコメント...

自分もいい練習になりました。
去年のリベンジも果せたし、竜さんがトラ車以外のバイクに乗ってるのも見れたし。
木古内にはあんなにすごいところは無いから、安心して修行に励んでください。

さんのコメント...

nagaseさん、昨日は有り難うございましたーとても楽しかったです!!
またあちらこちらに出没しますので、宜しくお願い致します。

nagase さんのコメント...

いつぞやの、夕張で行われたヒルクライム選手権で、非力なマシンで斜面に果敢にアタック、無理と分かったら華麗にフローティングターンで降りてくる。
そんなシーンを見てから、トライアルライダーは羨望の的です。

私もあっちこっちに出没すると思うので、その時はよろしくお願いします。

さんのコメント...

懐かしいですね~夕張のヒルクライム!!
実は、僕も知り合いの方々と一緒に参加していましたよー
では、またお邪魔しまーす。