ミーティング - 泥沼日誌

2007年1月21日

ミーティング


私が所属しているモトクロスチーム、ヒーローレーシング札幌の今年度最初のミーティングに行ってきました。
今年は何人か新しいメンバーが入り、IAライダー3名を筆頭にIB・NA・NB・レディースの各クラス、バラエティーにとんだメンバー構成になりました。キッズとジュニアの年代が居ないのが寂しいですが。
写真左奥に写っているのがチームオーナー、(有)ミカホスポーツの山崎社長です。とにかくエネルギッシュなおやじで、もうすぐ還暦だというのに、いまだに現役でモトクロスやエンデューロを走っています。明日の朝もモービルで山に行くとかで、ミーティングのあと準備していました。



夜も遅くなったので、若い衆は先に帰りました。
うちのチームは、20歳前後と35歳以上の年代が多く、若いやつらはどんどん上のクラスに上がってしまい、おじさんたちはNBやNAクラスで毎回泥仕合を演じています。
去年の全道モトクロス・レディースチャンピオンに輝いた迫屋(旧姓:上水)選手が、『一緒に走ってくれる人がいなくて寂しい』というので、やさしいおじさんたちは85ccのマシン買ってオープン85クラスで一緒に遊んでくれるそうです。それで不良在庫の85ccがだいぶ捌けたようですが、まだCRF150Rが1台残っているそうです。
ミカホスポーツででミーティングをやると、一つだけ困ったことがあります。他愛もない話がなかなか終わらなくて、帰りが遅くなってしまうことです。この罠にはまった人は数知れず。私も何度か朝帰りしたことがあります。今日も午前様です。



姉妹チームのヒーローレーシング札幌エンデューロ部は私が部長を務めています。去年は木古内と日高が中止になったりしてあまり活動できませんでしたが、今年はモトクロスを少しセーブして、林道ツーリングや近場のエンデューロで、積極的に活動したいですね。しばらく休止していた札幌エンデューロも、今年は開催するようです。

6 件のコメント:

スケテツ さんのコメント...

恐るべし『ミカホマジック』ですね。
ワタシもヒーロー所属時代、そこで昼飯を食い、「帰ります」と言い出せずに晩飯を食い、勇気を出して「じゃあそろそろ」と言ったものの缶コーヒーを飲み続け、家に帰った頃には完全に朝!というようなことを何回も経験しています。

銀河鉄道999に出てくる“時間城”のようなオソロシイところです。

nagase さんのコメント...

某外国メーカーの営業マンが、まる24時間以上捕まってて、私がころあいを見計らって救出したことがあります。
最近は徹夜することも少なくなったけどね。

スケテツ さんのコメント...

ミカホでは昼飯食って半人前、晩飯食えば一人前、日付をこえればお得意様に仲間入りですね。

nojiri さんのコメント...

ミカホって不思議なスペースですよね。
社長と初対面のお客さんはまず4時間の”会話?”が必要だし。
買い物に行っても先客がいれば並んで順番待ちだし。
でも、行ってしまうんですよね。
 と、いいつつ1年以上ご無沙汰してますが。・・バイク自体・・。
個人的には”ミカホチック”な店が好きです。
嫁さんとの会話でも”ミカホみたいだね”っていう店が何件かあります。
ラーメン屋とかの穴場のおいしい店ってそんな感じですよね。

nagase さんのコメント...

nojiriさんお久しぶりです。
RMXのエンジン掛かった?
整備するならMAXに行った方がいいですね。
ミカホに持っていっても、『こんなボクサレ早く捨てろ』と言われるのが落ちです。

いとう さんのコメント...

ごくろうはんです
朝帰りは、普通です・・・。